忍者ブログ

普通の日はないんですか!?

「大きな波に流されるのでも、逆らうのでもなく、波に乗って進みなさい」と、教えてくれたのはあなたでしたね。

回想?

昔から
「体調が悪くなるのは、自分のなまけたい心が反映されているのだ」
と思いやすい。

いや、実際に熱が出たり、咳が出たり、おなかを壊したり、そういう体調不良があって、それらはウイルスに感染したり、疲れたり、月経の影響であったり、そういう身体的にちゃんとした理由があってなることだって、分かっている。
でも、
「ここまで、症状が長引くのは、私のなまけたい心があるからでは?」
「病気に逃げ込みたい心があるからでは?」
と思いやすい。

でも、一方で
「体調が悪くても頑張っている私を認めて」
「頑張っている事実を認めて」
っていう気持ちもまた、強かったように思う。

そういう人間になったのがいつからか、思い出せないんだけれど。

ただ、自分ではおぼえていないけれど、私が幼稚園に入園して初めての冬から春にかけて、長く欠席したことがあると聞いた。
症状を聞くに(そして後の自分の病歴を振り返ると)、おそらく自家中毒だったんだろうなと思う。10歳くらいのときに、何度か自家中毒と言われてブドウ糖注射を受けたことがあったし。

幼稚園のときではなく、10歳のときの症状を思い出そうとすると、
「またなの?」
という気持ちがわいてくる。
これが、自分の気持ちであると同時に、周囲の大人の気持ちを感じ取っていたことも、自分なりに今はわかる気がするのだ。

幼稚園に通っていた時の記憶が、まったくないわけではないけれど、「自家中毒らしい症状で長く休んだ」という事実は全くおぼえがなくて、不思議な感じがする。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

[07/09 美辞ん堂ふゆう]
[07/07 衣斐 美由紀]
[05/04 t.soota]
[05/01 着付けできるようになりたい]
[04/29 美辞ん堂ふゆう]

プロフィール

HN:
美辞ん堂ふゆう
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R