忍者ブログ

普通の日はないんですか!?

「大きな波に流されるのでも、逆らうのでもなく、波に乗って進みなさい」と、教えてくれたのはあなたでしたね。

あまり耳鼻科の診察らしくない

耳鼻科の先生のところへ。

「おはようございます」
「はい、おはようございます」
「実は、いっとき月経が止まってしまって」
「ほぉ!」
「こういうことになったのって、前の病院で先生に診ていただいて、介護のしんどさがピークやったときなんですね」
「あぁああああ」
「それで、婦人科の先生に診ていただいてたときに、目の前が真っ暗になって冷や汗が噴き出してきて」
「ほぉ」
「で、血圧や血糖値も急に下がったわけじゃなさそうだったのですが、またそうなるのが、怖い気がします」

「……1つには、迷走神経反射の状態になったのかなとも感じますね。また、耳からくるめまいが、そういう症状に感じられたという可能性もあるけど」
「はい」
「……で、月経の話に戻るけど、うちで出している薬の中では、ただちに月経を止めてしまうようなものはないんですよ」
「はい」
「で、僕としては、もし乳腺に関係のある薬で、そういう副作用が出るものもあるかなぁという気はするんですね。だから、いっかいそれは、相談してみてもいいと思う」
「あ、あのね」
「ん?」
「乳腺の手術をしてくれた先生が、事情で医師をやめているんですよ」
「はぁっ?」
「で、もうすぐ隣の駅にある某病院に……」
「あそこって乳腺外科、あったっけ?」
「いえ、あの消化器外科の先生で、私の心理的な問題であるとかをよく知ってくれている先生がいて。それで、乳腺でもしトラブルが大きくなるなら、そのときだけ他の病院へ行く形になるかと」
「んー。まだ通い始めてはないんですね?」
「はい、変わり目ですね」
「まぁ、そういう感じで方針が決まったら教えてね」

「実はもうすぐレース運営です」
「ほぉ」
「そのときって、某お医者さんと一緒に運営の船に乗ることになりそうで、血圧めっちゃ上がりそう(笑)」
「ははははは(笑)。それはお疲れ様です。でも、先生がいるんやったら安心でしょう」

今日は補中益気湯をいただいて帰宅する。ありがとうございました、ぺこり。

拍手[0回]

PR

大学院へ行きたい思い

私は今、ある大学の科目履修生をしている。
それは「私はこの話題について、理解している」という自信を持って、原稿を書きたくなったからというのが、学ぶことを決めた理由だ。学ぶことで、知らなかった話題について知ることができ、本当に良かったと思う。

だけど、ある時点から「学んでも自信につながらない」という面が出てきた。
現在の大学では、理解が曖昧であったり、勉強時間があまり取れなかったときでも、単位認定そのものは通過できてしまうというところが、私にとって問題なのかなと気づいた。

私が意識を変えればいいだけなのかもしれないけど、意識を変えられるくらいだったら、とっくにこのような問題を解決できている。

だれた気持ちを変える方法を考えようと思い始めたときに、他の通信制大学院について知る機会があった。そして、今の大学に在学しながら、別の手段を選ぶ方法もあることにも気づいた。

自分の意識を変えなくちゃ、そのために環境を変えてみるというのも、1つの方法かもしれないなと思う。

拍手[0回]

本、売れてんの?

循環器のP先生の診察から少し時間があるので、ミスタードーナツでパソコンをカチャカチャする。ぶっちゃけ競艇をやっていたのだが、そこは秘密。

予約の時間が近づき、待合室へ行ってしばらくすると、冷や汗が噴き出して目の前が真っ暗に。
やがてT先生に呼ばれる。

「ごめんなぁ。待たせてしまってなぁ。台に横になって」
「すみません、私がしっかり食べるとかしてればよかったんやけど」
「ごめんごめん。血圧と、血糖値をはかれたらいいんやけど……」

看護師さんがデキスターで計ってくれることに。

「大丈夫、極端に下がっているということはないので、ちょっとまだ横になっててな」
「はい」
「で、本は売れてるの?」
Σ( ̄□ ̄)!!
「それを聞きたかったんや」
「いや、あの、爆発的に売れる種類のものでもないけど(笑)」
「そりゃあ、村上春樹にはかなわんやろうけど」
「あの、実は直接『サインを入れてもらったのを買いたい』っていう人は、いますね」
「ほぉお」

「ほんとは、次の本を早く書き始めないといけないんですが」
「へぇえ、次の本も書くんや」
「はい」
「今度は違うテーマで?」
「そうですね。前のテーマの枠から外れるから、載せなかった部分があるんですよ。その部分を今度はまとめて扱いたいなって」

「よし、ちょっと元気になってきたな」
「はい、すみませんでした」
「顔色もだいぶ戻ってきたから、でも、すぐ帰ったらいかんで。しばらく様子を見て、調子がまた悪くなってこないかどうか」
「はい」
「歩いて帰ったらあかんで」
「バスで帰ります」
「バス亭とかで、気持ち悪くならんようにしぃや」

今日はオーソM21、ブスコパン、ボルタレンSR、カバサールをいただいて帰宅する。

拍手[0回]

低い方が正解

循環器のP先生のところへ。

「おはようございます」
「はい、おはよう」

荷物をかごに置く。

「今日、血圧が高くて、びびってもう一回はかったの」
「低い方が正解やろ」
明解&明快ですね。。。

「どうですか調子は?」
「ホルモンのバランスが崩れたようで、T先生と相談していました」
「あら」
「T先生は色々検査をしてくれて……」
「なんでやろな?」
「あの、仕事で半年ほど揉めていたことがあって、結構根深いトラブルだったので……」
「ストレスかもな」
「はい」

「体重は?」
「1キロ増えた!」
「おぉお、胸の音聞かせてな……大丈夫そうやな」
「ありがとうございます」
「心拍数も落ち着いてるな」
「今日ね、バスで来たの」
「???」
「いつも歩いてきて、それから診てもらうから、今日はちょっと落ち着いているの」

「……」
「え? あ?」
「次回は5月な」
「はーい」

お薬をいただいていったん病院を離れる。

拍手[0回]

お好み焼きあるある

1.野菜たっぷりヘルシーお好み焼きを作ろうと決める
2.野菜に比べて粉が少なくまとまらない
3.粉を足す
4.予定よりたくさんのお好み焼きができる
5.次はうまく作ろうと決心するが2.に戻る

拍手[0回]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 17 18
19 20 22 23 24 25
26 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[07/09 美辞ん堂ふゆう]
[07/07 衣斐 美由紀]
[05/04 t.soota]
[05/01 着付けできるようになりたい]
[04/29 美辞ん堂ふゆう]

プロフィール

HN:
美辞ん堂ふゆう
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R