忍者ブログ

普通の日はないんですか!?

「大きな波に流されるのでも、逆らうのでもなく、波に乗って進みなさい」と、教えてくれたのはあなたでしたね。

病院で相談するべき話ではないのは分かっている

朝5:30、普段と変わりなく目が覚める。吹き降りという言葉がぴったりの朝。慌てて窓を閉めてまわることから、一日が始まる。

今日中に、エックス線作業主任者の受験申請書が届かなかったら、郵送での提出ができなくなる。窓口での提出のためには、片道3時間かけて出かける覚悟をしなければならない。この天気は、未来を暗示しているのだろうか?

今日は、年に一度の上部内視鏡の日。サクサク検査は進み、ピロリ菌を飼育していることによる胃炎と、逆流性食道炎のみで他に問題はなさそう。

ふと「試験申請書が思い通りに届かないんです。ここから岸和田労働基準協会へ行って、願書をもらおうかな」と話すと、真剣に相談に乗ってくださる。S先生やっぱり好きだ!

「蛸地蔵なら、ここから歩いてもいけるで。しかも道がまっすぐなとこが多いから……な?看護師さん」
「そやね、バスとか下手に乗るより、歩いたら? 以下道の説明」
ありがとう。みなさんのおかげで、無事願書が手に入りました!
あとは郵便局で払込、添付書類(持ってる)、証明写真があればなんとかなります!



南海本線・蛸地蔵駅の有名なステンドグラスもこの目で見ることができた。



血液検査の結果をいただいた。
尿素窒素は腎臓の機能をはかるもの。でも、ALPってなんだっけ? 大学の授業で習ったのに、もう忘れてる。いかんなぁ。。。

拍手[0回]

PR

「顔が黒い」は禁止!! 分かってるんだから(号泣)

外科のS先生のところへ。

「こんにちは」
「顔が黒いな」
「それ、会う人会う人に言われて」
「ちゃんと日焼け止め塗ってんのか?」
「塗ってます! (見せる)」
「SPF値が35…… 弱い!」 ← 先生
「弱い!」 ← 看護師さん
「す、すみません!」 ← 怒られたふゆう

「約束通り、内視鏡の日を決めようかな」
「約束した? ような気がする……あの!」
「ん?」
「この前、ご飯を食べていたら、突然吐きそうになって」
「食べている途中でってこと?」
「はい、まったく気持ち悪いとか何もなかって、むしろすごい空腹だったのに、突然」
「それで、その後はどうなったの?」
「その、一瞬の吐きそうな感じが治まったら、もうなんともなかったの」
「……あのね、憩室がどこかにある場合、そういう症状が出る人もいる」
「そうなんですか? でも、憩室なんて言われたことないし」
「うん。ただね、年齢が上がっていくと、たとえば寝ているときに、食べたものが逆流しそうに感じるって人もいるよ」
「そうなんですか?」
「まぁ、ふゆうの症状がそれが原因とは言わないけど、そうであってもおかしくないから、ちょうどいいから胃カメラしましょう」
「はーい」

「で、血液検査って最近した?」
「最近……半年ほどしてないかも。あ、感染症とか?」
「あぁ、この病院は、内視鏡の前はうるさくないねんけど、ふゆうの場合は貧血とか、血の止まりにくいなんだかんだとか……」
「そうですね、せっかくだからお願いします」

「何調べたい?」
「ふぁ? え? それは、先生が決めるものですよね」
「出血時間は調べさしてな。前の色々な経過がどうなったか知りたいんで」
「はい」
「血液型は知りたい?」
「今さら(笑)? っていうか、体調とか心配しないんですか?」
「そんだけ黒かったら、心配せんでいいでしょ」
いいのか?

「水着で一日過ごすと、血がなかなか出てますね」
「そうですか」
終わりかっ!

「今日ね、帰りは○○ージュでケーキ食べて帰るの」
「あぁああ、線路渡っていったとこの?」
「そうなんです!」
「ふ……ふ……まぁ、ごゆっくりどうぞ」
ありがとうございました、ぺこり。
結構お腹が空いてしまったので、ホットドッグのセットをしっかり食べた!

拍手[0回]

2才児か。。。

「え?え?なんかする?なんかするのいやぁ!」
「あーんするだけやんか」
これが48才耳鼻科医と40才女性患者の会話だと信じられるだろうか?

本当に喉やあごを診てもらう必要があったのだけど、耳ばかり診てもらってきたので、あまり経験がなかったのさ! って、お前は2才児か!

拍手[0回]

断られたもん!

婦人科のT先生のところへ。

「この前、Sさんに連絡したんや!」
「そうなんですか?」
「久しぶりやなーって連絡して、飲みに行こうって言ってな」
「おぉ、S先生はどうでしたか?」
「知らん」
「は? え?」
「だって飲みに行くの断られたもん!」

さ、さむい。。。どんだけさむいんだ。。。

「え? なんで、断られたの?」
「日付指定で連絡したから、その日は無理やってん。だから別の日にしようって」
「なーんだ、びっくりしたぁ」

いつまでも、仲良くね。

拍手[0回]

私の願いを「正しく」聞いてください

私自身も反省するところがあるので、メモとして残しておく。

今朝は、激しい頭痛と吐き気に見舞われ、午後のT先生の診察までどうにもつらかったし、近隣の医療機関は休診日。
困り果てて総合病院の内科受付へ。

「頭痛と吐き気で、おそらく偏頭痛で困っており、予約はありませんが診ていただけませんか?」と申し出ると、なぜか
「循環器の先生は今日1人もいないので、専門外の先生になる」と繰り返される。

循環器の先生が、頭痛の専門家というわけではないし、ちょっと「???」となったけど、
「今、とても頭が痛いのです。だから他の先生でもいいので
診ていただけませんか?」
「専門外の先生になりますが、どのような症状ですか?」

初めに言ったのに!!!

「すみません、では午後のT先生の診察まで何とかします。お騒がせして申し訳ありませんでした」
「いえ、こちらこそ、申し訳ありません」

というわけで、T先生の診察まで鎮痛剤飲んで、目立たないソファーでリラックス。
T先生の診察へ。

「え? それで、診察の希望自体を引っ込めたの? そんなの、気をつかわなくていいの! 誰のために病院に来てるの? 受付の人にも思い込みがあったのだと思うけど、ふゆうさんの希望は『受診して、痛みを軽くしてほしい』ということであれば、受付の人の正しい理解なんかどうでもいいから、なんとか受診につなげてもらってもよかったの! 変なとこに気を遣うなぁ」

そうか! ホントだ。頭痛の苦しさで視野が狭くなっていたなぁと、改めて反省する。
「何が目的か?」を忘れなければ、私が受付の人に頼んだ行動は違っていたかなぁと、改めて思うのだ。

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[07/09 美辞ん堂ふゆう]
[07/07 衣斐 美由紀]
[05/04 t.soota]
[05/01 着付けできるようになりたい]
[04/29 美辞ん堂ふゆう]

プロフィール

HN:
美辞ん堂ふゆう
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R