忍者ブログ

普通の日はないんですか!?

「大きな波に流されるのでも、逆らうのでもなく、波に乗って進みなさい」と、教えてくれたのはあなたでしたね。

年賀状を止めて欲しいとき

私は、年賀状だけのつながりにも、何かの意味があると肯定的に考えている。
だから、相手からの返事がなく、明らかにご迷惑かもしれないと思う時以外は、自分から止めることはしない。

でも、「こんな年賀状だったら、送って欲しくない。止めて欲しい」と思ったことはある。

1つは、ご家族の写真の顔が汚れていて、顔が判別できないようなものを送られたとき。
縁が汚れる程度のことなら、気にしないけれど、「顔」という大事な部分が汚れているのに、平気で送ってくるというのは、私との付き合いが嫌がられているのかなと感じたものだ。

もう1つは、住所の間違い(私が引っ越したため)で、いったん返送された年賀状を、封筒に入れて再送されたとき。
たとえば、お子さんが一生懸命書いた年賀状なのに、返送されてしまったといったとか、年賀状の枚数が足りないといった事情があるのなら、一言その旨を書いて送ってくれていれば、気持ちは違った。
でも、ただ再送してくるのは、めんどくさかったのかな? と感じてしまうので。。。

上の2つが「こんなんだったら、止めて欲しい」と思ったケースだけれど、こういうケースを除いては、私の方からは、できればお出ししていきたいなと思っている。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

[07/09 美辞ん堂ふゆう]
[07/07 衣斐 美由紀]
[05/04 t.soota]
[05/01 着付けできるようになりたい]
[04/29 美辞ん堂ふゆう]

プロフィール

HN:
美辞ん堂ふゆう
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R